沖縄市ふるさと納税特設サイト

沖縄市ふるさと納税 返礼品詳細ページ

沖縄県産 木製ボールペン コンフォートシリーズ 詳細ページ

特産品名
沖縄県産 木製ボールペン コンフォートシリーズ
寄付金額
15,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
かねせん工房
特産品内容
ボールペン(コンフォートシリーズ)1本
材質:ガジュマル・ヒカンザクラ
サイズ:約136mm×約15mm(ペン先を出したサイズ)
仕様:回転式
替え芯:クロススタイル0.7mm1本入り
※お申し込みの際に材質を備考欄に記入して下さい。
商品コメント
沖縄の代表的なガジュマル・日本一早いお花見で有名なカンヒザクラ、を使用した使い勝手の良いボールペンです。

■コンフォートシリーズ




※備考欄にご希望の材質をご記入くださいませ。
例)1.ガジュマル
なお、ご記入がなかった場合いずれか1点をお送りいたしますので予めご了承くださいませ。


かねせん工房 千木良 芳弘

平成13年度経済産業大臣認定
伝統工芸士(琉球漆器木地部門)
平成18年度沖縄県工芸士認定
(小木工総合部門)

沖縄市で40年『挽物』という木材をろくろや旋盤で回転させながら刃物をあてて削る技法を用いて、いろいろな器を作ってきました。
主に椀や丸盆、菓子器など漆器の木地、木材の種類は琉球松、センダンなど沖縄県産の木の木目を生かして作る木製品などです。




器を作る際は『木取り』といって用途に合わせて木材から最良な部分を選定するのですが、この時に木材の根本や枝分かれ部分など少ないけれど特殊な木目の部分が出来ることがあります。
その部分はうつわを作るには小さく、木のクセも強いのであまり使われませんが、仕上げると魅力的な杢がでるのでその部分を活かして「何か作れないか」と考える中でボールペン作りを始めました。
始めてみると沖縄の海岸には、テリハボク・フクギ・モクマオ。
庭には、琉球黒檀・ヒカンザクラ・センダン。
山には、モッコク・イスノキ・ハゼなど色や木目の違う木が多く、その個性あふれる表情を見るたび作品を仕上げていくことが楽しくて。
現在は15種類ほどの木を使っていますが、これから果物系(シークワーサー・アセロラ・コーヒー)等の木を増やしていく予定です。
また新たな表情を魅せてくれると思いますので楽しみにしていてください。




【略歴】

1981年 沖縄市産業まつり奨励賞
1981年 第二回沖縄観光と総合物産展最優秀賞
1982年 沖縄市産業まつり最優秀賞
1983年 沖縄市産業まつり議長賞
1985年 沖縄県工芸公募展優秀賞
1987年 沖縄県工芸公募展優秀デザイン賞
1990年 くらしの工芸展 熊本県伝統工芸協会賞


※天然素材を使用しているため、1本1本、木目や色味等が若干異なる場合がございます。
※備考欄にご希望の材質をご記入くださいませ。なお、ご記入がなかった場合いずれか1点をお送りいたしますので予めご了承くださいませ。


【地場産品基準について】
沖縄市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。